FX4クラウドの仕訳の承認方法

「仕訳の承認」画面

承認機能を利用する設定になっている場合に、入力された仕訳について承認を行います。

税理士法人 都心綜合会計事務所

「仕訳の承認」画面、及び操作方法

「仕訳の承認」画面
操作方法
  1. 当メニューは、「会社情報」タブのメニュー「3 システム情報」の「10.仕訳の承認」で仕訳の承認機能を利用する設定とした場合のみ利用できます。
  2. 承認機能を利用する場合、月内のすべての仕訳が承認されていないと、当該月の月次更新が行えません。
  3. 未承認の仕訳が証憑書番号順に表示されます。承認する仕訳を選択し、[承認]ボタンをクリックします。[一括承認]ボタンをクリックすると、すべての仕訳が承認されます。なお、承認された仕訳には「承認」の欄にアスタリスク(*)が表示されます。
  4. 「会社情報」タブの「仕訳の承認表示設定」で初期表示する入力担当者が設定されている場合は、最初に、設定された入力担当者が入力した仕訳のみが表示されます。
  5. 承認を取り消すには、取り消したい仕訳を選択して[承認取消]ボタンをクリックします。
  6. 右上のコンボボックスで未承認仕訳と承認済仕訳の表示が切り替わります。
  7. 一覧のタイトルをクリックするとその項目順に表示が切り替わります。
  8. [F1 入力順]をクリックすると入力順に表示が切り替わります。
  9. ファンクション・キーにより以下の表示項目の切替が可能です。
    1. [F5 証憑番号][F5 入力日][F5 伝票番号]
      伝票番号表示→証憑書番号表示→入力日表示→伝票番号表示
    2. [F6 事業区分][F6 課税区分]
      課税区分表示→事業区分表示→課税区分表示
    3. [F7 仕入れ日][F7 取引先名]
      取引先名表示→実際の仕入れ年月日表示→取引先名表示
    4. [F8 消費税等][F8 取引金額]
      取引金額表示→消費税等表示→取引金額表示
  10. TKC証憑ストレージサービスとのデータ連携機能を利用している場合、証憑を貼付した仕訳には「証」列にクリップアイコンが表示されます。当該仕訳を選択した状態で[証憑表示]ボタンをクリックすると、証憑データが表示されます。
    証憑データ
    青反転行を移動すると、それに応じて表示される画像も切り替わります。
    また、[貼付解除]ボタンをクリックすると貼付を解除できます。ただし、月次決算済の仕訳および月次決算済仕訳の訂正・削除時に自動計上されるマイナス仕訳に貼付されている証憑を貼付解除することはできません。
  11. 仕訳を選択してダブルクリック、または[Enter]キーを押すと、会計伝票での確認が可能です。
    会計伝票画面
    会計伝票画面では、明細の訂正・削除および承認ができます。
⇧目次に戻る

最後まで閲覧して頂きありがとうございます。