FX4クラウドの「仕訳辞書」で仕訳入力を効率化しよう

仕訳辞書

入力頻度の高い定型的な仕訳を「仕訳辞書」としてあらかじめ登録しておき、必要な項目のみを追加入力することで、仕訳入力を効率的に完了することができます。

税理士法人 都心綜合会計事務所

「仕訳辞書」画面及び操作

仕訳辞書画面
仕訳辞書の操作方法
  1. 使用する仕訳辞書を一覧からダブルクリックまたは[Enter]キーで選択します。
  2. 辞書種類を変更するには[F5 頁切替]ボタンをクリックするか、タブをクリックします。
  3. [F6 頭文字順]ボタンをクリックすると頭文字順に表示が切り替わります。
    登録順に戻すには再度F6ボタンをクリックします(取引先別仕訳辞書のみ)。
  4. または[F7 アカサタ]ボタンをクリックすると下のウィンドウが表示されます。
    頭文字の指定
    一覧表示する取引先の頭文字ボタンをクリックして選択します。
    なお、F7 ボタンをクリックせずに画面上部の[ア][カ][サ][タ]ボタンをクリックした場合も同様です(取引先別仕訳辞書のみ)。
    頭文字の指定方法
    • 随時検索・・・頭文字を直接入力して、該当する取引先別仕訳辞書を検索します。
    • [全]・・・すべての取引先別仕訳辞書を五十音順に表示します。
    • [ア]~[ワ]・・・ア行~ワ行の検索となります。
    • [摘]・・・取引先が「999999 その他取引先」で登録されている取引先別仕訳辞書を検索します。
    • [ ]・・・頭文字が空白の取引先別仕訳辞書を検索します。
    • [他]・・・頭文字が英数文字の取引先別仕訳辞書を検索します。
  5. [F8 検索]ボタンをクリックすると下のウィンドウが表示されます。
    科目等の検索条件を入力し[OK]ボタンをクリックします。
    検索条件指定
  6. [1行上へ][1行下へ]ボタンをクリックすると、仕訳辞書の登録順の変更が可能です。
    反転している仕訳辞書が1行上、1行下に移動します。
    当ボタンは登録順に表示されている場合のみ有効です。
  7. [移動・複写]ボタンをクリックすると、現在、反転している仕訳辞書を他の辞書種類に移動または複写できます。
    移動か複写かを選択後、移動先の辞書種類をコンボボックスから選択し、[OK]ボタンをクリックします。(注1)
    仕訳辞書の移動・複写

    注1
    複合タブ以外のタブにある仕訳辞書を複合タブに移動することはできません。
    複合タブでは、複合仕訳形式で仕訳辞書を作成できます。
    当タブで作成した仕訳辞書を他のタブへ移動することはできますが、他のタブから複合タブへの移動はできません。

  8. [タブ編集]ボタンをクリックすると当ウィンドウが表示され、仕訳辞書種類の登録・修正・削除、仕訳辞書種類の表示順番の設定が可能です。
    また、会計伝票画面から仕訳辞書を呼び出す際に、どの辞書種類を初期表示するかを伝票の分類ごとに設定できます。
    なお、「取引先別」「振替伝票」の種類は削除できません。
    辞書種類の編集
  9. [登録][修正][削除]ボタンをクリックすると、仕訳辞書の登録、修正および削除が可能です。
⇧目次に戻る

「1伝票型の場合」の仕訳辞書からの仕訳入力

「仕訳辞書からの仕訳入力」画面(「1伝票型」の場合)
「1伝票型の場合」の仕訳辞書からの仕訳入力方法
  1. 仕訳辞書からの入力画面は2種類あります。
    メニュー「17 入力制御情報」の「仕訳辞書からの入力画面」で「1伝票」が設定されている場合は当画面が開きます。
  2. 選択した仕訳辞書の登録内容が表示されます。
    入力項目を順次入力します。
  3. 今回、入力の必要ない(更新しない)仕訳は日の入力の時に[F8 省略]ボタンをクリックするか、取引金額を0円とします。
  4. 最後の仕訳の入力が完了すると入力済み仕訳が一括更新されます。
  5. [F4 戻る]ボタンまたは[F10 フルメニュー]ボタンをクリックすると、入力済みの仕訳も更新せずに仕訳辞書の選択画面に戻ります。
  6. 「会社情報」タブのメニュー「4 消費税情報」で「取引入力時の仕入税額控除要件チェック」を「する」と設定している場合、課税仕入れ取引(課税区分[5]~[75])の入力時に次の項目のいずれかが空欄の場合、下のメッセージが表示されます。
    警告
    会計伝票の入力に戻って当該項目を入力する場合は[いいえ]ボタンを、このまま更新する場合は[はい]ボタンをクリックしてください。
    輸入課税仕入れ取引(課税区分が[55],[65],[75])の場合
    1. 「実際の仕入れ年月日」
    2. 「元帳摘要(仕入れ資産等の総称)」
  7. 入力済の仕訳を修正する場合は、[F3 直前確認]ボタンをクリックします。
  8. 仕訳入力後に証憑をスキャンすることができます。利用方法は伝票(1伝票型)からスキャンする場合と同様です。
  9. 部門明細の金額入力方法(税抜きまたは税込み)は、仕訳辞書登録時の入力値で初期表示されます。
    「入力制御情報」メニュー等の設定は適用されませんのでご注意ください。
⇧目次に戻る

「5伝票型の場合」の仕訳辞書からの仕訳入力

「仕訳辞書からの仕訳入力」画面(「5伝票型」の場合)
「5伝票型の場合」の仕訳辞書からの仕訳入力方法
  1. 仕訳辞書からの入力画面は2種類あります。
    メニュー「17 入力制御情報」の「仕訳辞書からの入力画面」で「5伝票」が設定されている場合は当画面が開きます。
  2. 選択した仕訳辞書の登録内容が表示されます。
    入力項目を順次入力します。
  3. 入力が終了した仕訳は年月日の下に「済」と表示されます。
  4. 今回、入力の必要ない(更新しない)仕訳は日の入力の時に[F8 省略]ボタンをクリックするか、取引金額を0円とします。
  5. 最後の仕訳の入力が完了すると、下のメッセージが表示されます。
    確認
    内容を確認し、間違いがなければ、[はい]ボタンをクリックします。
    [いいえ]ボタンをクリックすると仕訳の入力に戻ります。
  6. [F10 フルメニュー]ボタンをクリックすると、下のメッセージが表示されます。
    確認
    [はい]を選択すると、画面上「済」となっている仕訳も更新せずに仕訳辞書の選択画面に戻ります。
  7. [F4 入力終了]ボタンをクリックすると「済」と表示されている仕訳を更新し、仕訳辞書の選択画面に戻ります。
  8. 「会社情報」タブのメニュー「4 消費税情報」で「取引入力時の仕入税額控除要件チェック」を「する」と設定している場合、課税仕入れ取引(課税区分[5]~[78])の入力時に次の項目のいずれかが空欄の場合、下のメッセージが表示されます。
    警告
    会計伝票の入力に戻って当該項目を入力する場合は[いいえ]ボタンを、このまま更新する場合は[はい]ボタンをクリックしてください。
    輸入課税仕入れ取引(課税区分が[55],[65],[75])の場合
    1. 「実際の仕入れ年月日」
    2. 「元帳摘要(仕入れ資産等の総称)」
    輸入以外の課税仕入れ取引(課税区分が[5],[51],[57],[58],[6],[61],[67],[68],[7],[71],[77],[78])の場合
    1. 「取引先名(仕入先の氏名又は名称)」
    2. 「実際の仕入れ年月日」
    3. 「元帳摘要(仕入れ資産等の総称)」
  9. 入力済の仕訳を修正する場合は、上下矢印キーで仕訳を反転させ修正する仕訳に移動し[修正]ボタンをクリックするか、[Enter]キーを押します。
  10. 仕訳を追加する場合は仕訳を反転させた状態で[挿入]ボタンを、不要な仕訳がある場合は[削除]ボタンをクリックします。
  11. 仕訳入力後に証憑をスキャンすることができます。
    利用方法は伝票(1伝票型)からスキャンする場合と同様です。
  12. 部門明細の金額入力方法(税抜きまたは税込み)は、仕訳辞書登録時の入力値で初期表示されます。
  13. 「入力制御情報」メニュー等の設定は適用されませんのでご注意ください。
⇧目次に戻る

最後まで閲覧して頂きありがとうございます。