FX4クラウドに読み込ませる「Excelのフォーマット」の設定方法

Excelフォーマットの登録画面

Excel からの仕訳計上機能で活用するExcelフォーマットをFX4クラウドに登録します。Excelフォーマットごとに、ファイルのレイアウトや仕訳読込テンプレートを設計します。

税理士法人 都心綜合会計事務所

概要

Excelフォーマットの登録画面

1.「登録」ボタンまたは「名称変更」ボタンで、「Excelフォーマットの登録」画面を起動できます。

2.「削除」ボタンで、登録したExcelフォーマットを削除できます。

3.「1.受入レイアウト」ボタンで、「受入レイアウト」画面を起動できます。

4.「2.仕訳読込テンプレート」ボタンで、「仕訳読込テンプレート」画面を起動できます。

⇧目次に戻る

Excelフォーマットの登録画面、及び入力項目

Excelフォーマットの名称等の登録画面
入力項目
項目名入力桁数内容
①コード101~998Excel フォーマットの「コード」を入力します。当システムに読み込むファイル内の項目「システム番号」には、当欄に入力した「コード」をセットします。なお、業務システム(仕訳読込機能)で使用しているコードや、他のExcel フォーマットで使用しているコードは登録できません。
②頭文字2桁の半角英数字のみ有効Excel フォーマットの「頭文字」を入力します。なお、業務システム(仕訳読込機能)で使用している頭文字、他のExcel フォーマットで使用している頭文字、および次の頭文字は使用できません。
(使用できない頭文字)①A1、②CR、③DX、④EX、⑤FM、⑥HT、⑦IB、⑧MT、⑨PM、⑩PP、⑪PX、⑫RZ、⑬S0、⑭S1、⑮SX、⑯TK、⑰TP、⑱TX、⑲TY
③Excelフォーマットの名称全角20文字Excel フォーマットの名称を入力します。
④計上する仕訳は「期末整理仕訳」とする当Excel フォーマットから計上する仕訳を「期末整理仕訳」として計上する場合は当欄にチェックを付けます。
⇧目次に戻る

受入レイアウト画面、及び入力項目

受入レイアウト画面

Excel フォーマットごとに以下の設定を行います。

入力項目
項目名入力桁数内容
①ファイル受入レイアウトの選択受け入れるファイルのレイアウトを「レイアウト1(単純仕訳形式)」とするか「レイアウト2(複合仕訳形式)」とするか選択します。この設定は、メニュー「32 ファイルレイアウト設定」の設定と同様です。
②データ1行から生成する仕訳数1~99 の整数Excel のデータ1行から生成される仕訳数を入力します。なお、当欄は「レイアウト1(単純仕訳形式)」を選択した場合のみ有効となります。当設定も、メニュー「32 ファイルレイアウト設定」の設定と同様です。
③データの開始行1~999 の整数当欄は「仕訳読込テンプレートの利用」欄を「利用する」と設定した場合に限り選択できます。計上対象のExcel ファイルの各行のうち、仕訳部に該当する行の先頭行を入力します。当欄に入力した行よりも上の行については、タイトル行として計上対象外となります。当設定も、メニュー「32 ファイルレイアウト設定」の設定と同様です。

なお、Excel からの仕訳計上機能は、業務システムからの仕訳読込機能と異なり、表示形式を「日付」と定義したセルから計上することを前提としているため、日付形式の設定は不要です。また、Excel からの計上を前提としているため、区切り文字や拡張子等の設定も不要です。

⇧目次に戻る

仕訳読込テンプレート画面、及び入力項目と操作方法

仕訳読込テンプレート画面
入力項目
項目名入力桁数内容
①セットする値(画面右側のラジオボタン群)「列の値」「セルの値」「固定値」「文字列の編集値」「計算した値」「条件に応じた値」「省略」の中から選択します。
1)「列の値」とした場合、該当行の指定した列の値をそのまま計上します。
2)「セルの値」とした場合、行に関係なく、指定したセルの値をそのまま計上します。ヘッター部の値を読み込む運用を想定した設定です。
3)「固定値」とした場合、入力した「固定値」を計上します。
4)「文字列の編集値」とした場合、複数の列の値を結合した文字列や、逆に文字列の1部分のみを抽出した値を計上します。
5)「計算した値」とした場合、ファイル上の値や「固定値」を元に設定した計算式の結果が計上します。
6)「条件に応じた値をセット」とした場合は、条件を定義し、条件ごとに計上する値を設定します。
7)「省略」とした場合、選択中の項目の計上を省略します。
1)列当入力欄は、「列の値」の場合のみ設定できます。
「ひな型ファイルまたはテスト用データ」における各列の中から、選択中の項目に該当する列を選択します。
2)セル当入力欄は、「セルの値」の場合のみ設定できます。
セルの座標(例:A1、AA10 など)を入力します。なお、R1C1 形式での座標指定はできません。
3)固定値半角40 文字当入力欄は、「固定値」の場合のみ設定できます。
選択中の項目に読み込む値を入力します。
4)文字列の編集値「文字列の編集値」の場合に読み込む文字列を設定します。
5)計算式「計算した値」の場合に「計算式」を設定します。
6)条件「条件に応じた値」の場合に「条件」を設定します。設定できる「条件」の数に制限はありません。
操作方法
  1. 設計方法の選択
    当画面をはじめて表示した場合、「設計方法の選択」画面が表示されます。
    設計方法の選択画面
    設計方法として、「新規に設計」または「設計済の読込テンプレートから複写」から選択します。
    1. 新規に設計
      設計済の読込テンプレートの内容を複写せず、新規に読込テンプレートを定義する場合は「新規に設計」を選択します。「新規に設計」を選択し、「OK」ボタンを押下すると、「ひな形ファイル」の読込画面が表示されますので、仕訳計上するExcel ファイルおよび仕訳計上対象のシートを選択します。
      ひな形ファイルの読込画面
    2. 設計済の読込テンプレートから複写
      他のExcel フォーマットや業務システム(仕訳読込機能)の仕訳読込テンプレートから複写する場合は、「設計済の読込テンプレートから複写」を選択します。この設計方法の場合、仕訳読込テンプレート画面の「テンプレートファイル切出」ボタンから、あらかじめテンプレートファイルを出力しておく必要があります。
      「設計済の読込テンプレートから複写」を選択し、「OK」ボタンを押下すると、「テンプレートファイルの読込」画面が表示されますので、複写元のテンプレートファイルを指定します。
      テンプレートファイルの読込画面
⇧目次に戻る

最後まで閲覧して頂きありがとうございます。